日刊体育:冈ちゃん激白!なぜ?今?中国なのか!

【上海(中国)=菅家大辅】中国を直接、见てみたい! 自分自身のチャレンジ! サッカー日本代表の冈田武史前监督(55)が、中国スーパーリーグ杭州绿城との最终交渉の前に、早くも中国での梦を激白した。6日、成田空港から上海入り。そのまま杭州に直行して、同クラブ干部と最终的な条件面などの话し合いを行った。その直前、浦和からのオファーを断り、杭州绿城との交渉を最优先に选択した本音を、包み隠さずに明かした。

中国の地に降り立った冈田氏は、穏やかな表情を浮かべた。この日の夕方。混雑する上海浦东国际空港の到着ロビーに上下绀のスーツ姿で现れると「杭州はACL优胜、アジア一を目指している。将来的なビジョンもしっかりしている」と前向きな思いを明かした。
我已经有了对未来的构想。目标是要让杭州成为亚冠冠军队,成为亚洲第一的俱乐部。

日本をたつ前に中国大陆より広い、壮大な梦を次々と口にした。悩み抜いた末に中国行きを决断。腹を决めたからか、率直に胸中を打ち明けた。

冈田氏 自分自身のチャレンジということでも刺激を受ける。アジアのA代表では、欧州などに选手が多いので(选手のコンディションを)上げることができないから、どこかでA代表も头打ちになる。それとともに中国はこれから世界のあらゆる部分でキーになっていく国です。そういうところを自分が直接见てみたいという気持ちがあった。

浦和からの监督就任要请を断り、复数あったオファーから杭州绿城との交渉を最优先した。この日、上海から陆路で杭州入りし、クラブの宋卫平オーナーと会谈。今日7日には広大な敷地を有する练习场を视察予定だ。现时点で4年の长期契约を提示された模様で、条件や将来のビジョンなどに満足すれば、近日中に结论を出す可能性は高い。

冈田氏 お话をいただいて、自分が直接交渉するのは嫌だったので、条件面などは代理人にやってもらった。(杭州绿城は)写真で见たけれど、直接自分の目でも见てみたい。オーナーと会って、直接チームのこととか、クラブのビジョンを闻くことにしている。まだ、决定というわけじゃないけれど、仆がそのクラブに実际、足を运んで行くということは可能性を感じるから。まあ、ほぼですね。
关于条件方面,我不喜欢自己去交涉,所以委托给了代理人。对于绿城俱乐部(的硬件设施),我只是在照片上看过,想自己亲自来看一看。我还想和老板(宋卫平)见面,直接谈一下对俱乐部的构想。虽然还没有完全决定,但我觉得我有可能来这个俱乐部,基本上没什么问题。

気持ちが倾いたのは、常胜军団を目指す杭州绿城の高い志に感铭を受けたからだ。「このチームは中国王者とか、ACL优胜とか、高い目标を持っている」。昨年のW杯南アフリカ大会で日本をベスト16に导き、横浜ではJ1を2连覇。常に顶点を目指してきた自分に重なるものがあった。
这个俱乐部(杭州绿城)具有成为中国王者,亚冠冠军等高目标。

日本代表监督を退いた昨夏、周囲には「当分は监督をやりたくない。しばらく休んで、やるんなら海外だな」ともらしたことがある。选手に比べ、日本人指导者が海外で成功した例はほとんどないだけに、新たな潮流をつくる意味もある。

冈田氏 ゆくゆくはヒデ(中田)とかの、ヨーロッパとか世界で名前の知られている人物が(海外で监督を)やればいい。中国で日本人が指挥を执るということは、いろんな面で影响がある。国レベルではできないことができるかもしれない。アジアもこれから、流动性の高い世界にならないといけない。
像中田英寿这样的在欧洲和世界上都有知名度的运动员,可以慢慢地(在海外)从事教练生涯。日本教练执教中国这件事,会在很多方面带来一些影响。有些在国家层面上无法进行的(交流)也许会变得可行。今后,包括亚洲在内,必须成为一个高流动性的世界。

监督として中国で好成绩を収めることは、一サッカー指导者の成功にとどまらない。日本人指导者が中国で认められれば、70年代に米中の间を取り持った「ピンポン外交」ならぬ、日中友好促进につながる「サッカー外交」の侧面も期待される。今回の挑戦は、その试金石にもなる-。监督、冈田武史。さらなる高みへの1歩を间もなく踏み出す。

〔2011年12月7日6时57分 纸面から〕